専門技師 更新申請

専門技師更新申請

専門技師認定の有効期限(交付日より6年)の満了にともない更新申請対象の方へ

申請受付期間10月〜1月末
更新申請対象の方へ事務局より「更新申請のお知らせ」をメールいたします。ご確認をお願いいたします。
(申請書類は下記からもダウンロードが可能です。)
受付締切1月末
審査月3月
認定有効期間交付年月日(4月1日)から6年後の3月31日まで
認定証発行3月31日(以後、事務支局より発送いたします)
お知らせ
更新申請に関する進捗状況(会員番号でお知らせいたします)
  • 更新申請受付:
  • 猶予申請承認・猶予期限:
    • 2025/3/31:4490・4749
    • 2026/3/31:4138・4409・2788
    • 2027/3/31:4398

専門技師資格更新について

2024年4月1日の2学会の合併に伴い、JSHUM および JACHOD 旧両学会の専門技師資格更新については、日本高気圧潜水医学会専門技師制度規則第 20 条にありますように特例措置で運用されます。

【臨床高気圧酸素治療装置操作技師】旧日本臨床高気圧酸素・潜水医学会(JACHOD)資格のみ保有

  • 旧所属学会における認定制度の必要単位等の条件で更新審査を行います。
  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会の臨床高気圧酸素治療装置操作技師の更新条件として定められている『認定技師取得後5年間における日本臨床高気圧酸素・潜水医学会が指定する教育プログラムに出席』については,日本高気圧環境・潜水医学会もしくは日本高気圧潜水医学会が開催する「教育集会(基礎編及び臨床編)」が相当します。
  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会の非会員で臨床高気圧酸素治療装置操作技師の資格保有者は,合併後可及的速やかに入会することを推奨し,合併後の初回更新時には会員でなければなりません。

【高気圧酸素治療専門技師】旧日本高気圧環境・潜水医学会(JSHUM)資格のみ保有

  • 旧所属学会における認定制度の必要単位等の条件で更新審査を行います。

両学会資格を保有

  • 旧JACHOD資格または旧JSHUM 資格のどちらか一方の更新で、新学会専門技師資格へ更新できます。
  • 旧JACHOD資格または旧JSHUM 資格のどちらの資格を更新するか、選択してください。
  • 選択した旧所属学会における認定制度の必要単位等の条件で更新審査を行います。

合併後の初回認定更新審査について

一般社団法人 日本高気圧環境・潜水医学会と一般社団法人 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会が合併した後の初回認定更新時は,各々の旧所属学会における認定制度の必要単位等の条件で更新審査を行い,その次の更新からは本規則に定める基準で更新審査を行います。

関連事項

日本高気圧潜水医学会専門技師制度規則(第20条 参照)

専門技師資格更新について(2024年4月以降)」(上記についてまとめたものになります)

(旧JSHUM)専門技師更新申請 提出書類について

(1)専門技師認定更新申請書(所定の用紙1~3)※後日掲載 word版/pdf版
(2)業績目録一覧(学術論文,学会発表,学会出席)(※1)
(3)高気圧酸素治療業務証明書
(4)上記(2).生涯教育単位取得証明書およびその証明(写し)
(5)現在保有の「高気圧酸素治療専門技師認定証」(写し)
(6)更新手数料 振込証明の写し
(会費未納がある場合)会費未納分を納付した「郵便振替払込請求書兼受領証」の写し(※2)

(※1)業績目録には、専門技師制度施行細則が定める別表2の配点にしたがいが定める別表2の配点にしたがい、総合計24単位以上を取得していなければなりません。生涯教育単位は資格を取得してから6年間有効です。
別表1 日本高気圧潜水医学会が定める関連学会、別表2 更新に必要な単位数に関する配点法

(※2)会費未納の方には、学会事務支局より振込用紙が送付されます。ご対応をお願いします。

更新申請時に高気圧酸素治療業務を行っていない場合

上記、申請書類のほか、追加提出が必要です。

  • 「高気圧酸素治療業務における勤務期間証明書」(所定の用紙)wordpdf
    高気圧酸素治療業務を行っていた旧施設から「高気圧酸素治療業務における勤務期間証明書」を追加してご提出ください
  • 「教育集会(基礎編及び臨床編)」受講証(写し)
    認定期間中に受講した「教育集会 (基礎編及び臨床編)」の参加証の写しをご提出ください。

更新審査料

〇専門技師 更新審査料 10,000円(税込)

※既納した更新審査料は返納不可です。

専門技師更新申請費用 お振込み機関

※会費用の口座と異なりますのでお振込み時にはご注意ください。
(すでに更新書類が事務局から送付されている方で、以下に記された口座とは別口座への振込用紙となっていることがあります。そのままご利用いただいても、以下の口座へお振込みいただいてもどちらでも受付けいたします)

(1)郵便局

  • 口座番号:00110-6-421036
  • 加入者名:一般社団法人 日本高気圧環境・潜水医学会
    シャ)ニホンコウキアツカンキョウセンスイイガクカイ

(2)ゆうちょ銀行

  • 支店名(店番):〇一九(ゼロイチキユウ)店(019)
  • 預金種類:当座預金
  • 口座名義:一般社団法人 日本高気圧環境・潜水医学会
    シャ)ニホンコウキアツカンキョウセンスイイガクカイ
  • 口座番号:0421036

申請書類 送付先

専門技師更新申請書類をメール(推奨)または郵送で 事務局までお送りください。申請書類の受理にお時間をいただく場合もございます。ご郵送される場合は時間に余裕をもってお送りください。

提出先
メールでのお申込み
  • 本申請書類をPDF化しメールに添付してください。(※JPEGは不可です)
  • 件名を「専門技師更新申請(会員番号)」として事務局までお送りください。
  • 事務局にて書類を確認後受領完了メールをお送りします。書類に不備があった場合はその旨連絡します。

提出先メールアドレス:jshbo0818@jshm.net

郵送

封筒表面に「専門技師申請」と朱記のうえ簡易書留またはレターパックにてお送りください。

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 
東京医科歯科大学 高気圧治療部内
一般社団法人 日本高気圧潜水医学会事務局 認定・試験委員会宛

専門技師認定 更新猶予申請について

更新猶予申請の対象

COVID-19の感染拡大に伴う専門技師更新についての特例措置(2020/5/10)
認定期間あるいは申請猶予期間に2020年を含む専門技師については、単位不足を理由として猶予申請された場合、認定更新の期限を2年間に限り延長できます。

猶予期間中の取り扱い・猶予後資格更新申請後の認定期間について

  • 猶予期間中は、専門技師資格停止にあたり専門技師一覧名簿での公開は控えさせていただきます。
  • 猶予後に資格更新した場合の認定期間は、前回の認定期間翌日より6年間となります。

    例 認定期間終了(2021年3月31日)に対して、更新猶予申請が承認され(猶予期間:2023年3月31日まで)、その後、2022年3月に更新承認された場合の新たな認定期間は「2021年4月1日〜2027年3月31日」となります。

更新猶予申請は、下記の申請書にご記入の上、事務局へご提出ください。

「専門技師認定資格更新猶予申請書」(所定の用紙)wordpdf

提出先

【メール】

記入済みの申請書類をメールに添付した上で、件名を「専門技師猶予申請」として事務局までお送りください。事務局にて書類を確認しましたら受領完了メールいたします。

提出先メールアドレス:jshbo0818@jshm.net

【郵送】

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 
東京医科歯科大学 高気圧治療部内
一般社団法人 日本高気圧潜水医学会事務局 宛

更新・猶予申請についてのお問合せ

よくあるご質問

よくいただくご質問を掲載しております。お問い合わせの前に、一度ご確認ください。
更新申請についてのQ&A

お問合せ

お問合せはメールでの受付になります。下記のメールフォームまたはメールをご利用ください。 お問合せ内容を確認後、ご連絡いたします。お問い合わせの内容によっては、回答にお時間を要する場合がありますので、あらかじめご了承ください。